Webデザイナー名鑑

日本を代表するWebクリエイターのプロフィール集。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
 
立山信一

(株)イメージソースを経てフリーランスのアートディレクター/ ウェブデザイナー。主な仕事に、映画「シティ・オブ・ゴッド」公式サイト、「SWATCH GROUP JAPAN」サイトなど。 

http://www.interfacearchitects.jp
| - | 01:10 | comments(7) | trackbacks(0) | - |
 
木下謙一

株式会社ラナデザインアソシエイツ代表取締役社長
武蔵野美術大学非常勤講師

1969年生まれ。武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科卒。
(株)NHKアート、(株)未来技術研究所を経て96年に独立。
ウェブデザインを中心にグラフィックデザインも含めたトータルなデザイン
コンサルティングを行う。

http://www.ranadesign.com/
| - | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

 
平川紀道


1982年島根県生まれ。2001年多摩美術大学、情報デザイン学科に入学。2005年、多摩美術大学情報デザイン学科卒業。2007年、同学美術研究科修了。

実空間の要素をデジタル環境に取り込む入力デバイスとアルゴリズムの設計を軸に、映像・音響プログラミング、空間構成など制作の全行程を自らの手で行なう。

「GLOBAL BEARING」にて第8回文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞。2008年、「a plaything for the great observers at rest」にて、アルスエレクトロニカ、インタラクティブアート部門にて「Award of Distinction」受賞。グループ展として、2006年「Re: search 」(せんだいメディアテーク/仙台)、2007年「OPEN SPACE 2007」(ICC/東京)、2008年「transmediale.08」(ベルリン)等に参加。

ほかに、SFC Digital Art Awards 2004 最優秀賞(インタラクティブ部門)受賞。ミラノデザインウィーク2007におけるLEXUSのアートエキシビションに選ばれる。

http://counteraktiv.com/ 

| - | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
平松謙三

1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。
幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。

http://www.hortensia-azul.com
| - | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

 
菱川勢一

東京都大田区出身。

CBSソニーグループ(現ソニー・ミュージックエンタテインメント株式会社)入社。総務部総務課を経て、プロデューサー室に配属。銀座ソニービルにて数多くのイベント、展覧会のプロデュースアシスタントを担当。

1991年渡米。渡米と同時に音楽業界から映像業界へ転身。ポストプロダクションの編集マンと映像プロダクションの制作ディレクターを兼務。年間100本を越えるミュージックビデオ、CMなどの編集マンとして活躍。

1993年帰国。ナム・ジュンパイク、ワダ・エミなどのアーティストの展覧会の映像スタッフとして空間映像の演出の数々を手がける。フリーランスとして映像作家活動を開始。

1995年、浜井弘治氏らと3人展「成型」を開催。

1996年、吉岡徳仁の依頼でISSEY MIYAKE青山本店のディスプレイに映像をデザインし、雑誌『AXIS』に掲載される。ソニー、NECの技術実験サイトで自主作品をweb上で配信開始。

1997年、ナガオカケンメイとともに、グラフィックデザインと映像の複合的活動拠点としてドローイングアンドマニュアルを設立。同年、モーションングラフィックスムーブメントの先駆けとなるモーショングラフィックス展を六本木アクシスギャラリーにて開催、映像構成ディレクターとして成功を収める。以降、モーショングラフィックス展は1998年、1999年、2000年に開催され、延べ3万人を超える集客を記録する。この後もモーショングラフィックス表現を駆使した映像やウェブサイトの数々を発表し、影響を与えた。モーションロゴのデザインは50企業を越える。

2003年、メディアの複合的デザインスタジオとしてスタンダードシリーズ設立。現在スタンダードシリーズ代表、映像デザインやWebデザイン、グラフィックデザインのほかブランドデザイン、インタラクションデザインなどで活躍中。

武蔵野美術大学基礎デザイン学科准教授。

http://blog.goo.ne.jp/sei_hishikawa

| - | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
八木崇晶
http://www.form-process.com/
| - | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
八重樫王明

1972年11月1日岩手県生まれ。

1998年よりフリーランスのグラフィックデザイナーとして活動開始。以降は主に音楽関係のデザイン、イラスト、アニメーションなどを制作。

http://www.okimi.com
| - | 01:08 | comments(1) | trackbacks(0) | - |

 
馬場鑑平

株式会社バスキュール ディレクター

1976年大分生まれ。(株)バスキュール勤務。主にFlashを用いて、さまざまなインタラクティブコンテンツ制作に携わる。国内外の広告賞受賞多数。

http://www.adobe.com/jp/newsletters/edge/september2006/articles/article1/007.html

| - | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
内山光司

(株)GT INC. 取締役 兼 クリエイティブ・ディレクター

84年電通入社。01年(株)ワンスカイ設立、06年(株)GT INC.設立、07年スーツメン・エンターテイメント設立。広告キャンペーンの分野におけるウェブサイトのディレクションを中心に、TVCMをはじめとした映像制作から全てのコンタクトポイントを対象としたプランニング・ディレクションを手掛ける。

これまで手掛けたWebサイトに、NTT東日本「ガッチャマン」、Sony「CamCamTime」日本コカ・コーラ「Georgia City」、「KUMA COOL SUMMER」、日本ビクター「EVERIOスペシャルサイト」、 スバル「I feel LEGACY」など。

カンヌ国際広告祭CYBER LIONS金賞、One show Interactive Gold Pencil、Asia Pacific Advertising Festival グランプリ/金賞、東京インタラクティブ・アド・アワード グランプリ/金賞(3回)/銀賞/銅賞(2回)、文化庁メディア芸術祭優秀賞(2回)、New York ADC、グッドデザイン賞(5回)、ギャラクシー賞 、カンヌ国際広告祭MEDIA LIONS銅賞、D&ADAwardsなど受賞多数。


http://www.gtinc.jp/

| - | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
筒井真佐人

1985年生まれ。

アートマネジメントカンパニー「Dance and Media Japan」においてソフトウェア「Max/MSP/Jitter」のワークショップ講師として所属。その後、六本木のオルタナティブイベントスペース「Super Deluxe」に技術スタッフとして勤務。

VJとしての活動の他、上記ソフトウェア使用した映像演出・空間演出・PVの制作などを手がける。

2004年以降、毎年世界各地でワークショップ、パフォーマンスなどを行っている。

http://adsr.jp/
| - | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS
このページの先頭へ